怪人ものさわやかブログ

ツイッターで書くには余りにも長過ぎたり趣味が入り過ぎてることを隔離する場所

アイコネのアルバム発売が怖い



とまあこの通り今度アイコネのアルバムが出るわけなんだが、それでふと思ったことがある。


「このアルバムが出たらいよいよアイコネの活動が止まるんじゃないか?」と


なぜこう思ったか、とりあえずアイコネのここまでの経歴をまとめてから話したい。




まず、アイコネのソシャゲがリリースされるも昨年11月末にサービス終了してしまった。


その後音沙汰なしかと思いきや、12月中旬にさっきのアルバムの発売を突如発表、そして今もやってるストリエでのストーリー連載をスタートさせる。


で、この連載してるストーリーだが、クリスマスにやってた特別エピソードがアプリのイベントシナリオと同じ5話完結だったり、メインで連載してるキャラエピソードがなんかアプリのキャラシナリオのノリに似てたりするところや、サービス終了した時にシナリオ担当の人が
「いくつか提出したけど公開する前にサービス終了してしまったエピソードがある」
ってツイッターで言ってた事から、おそらくアプリ版の未公開エピソードだと思われる。


そして今度出るアルバムの曲も一曲を除きアプリ版では未公開の曲だ。



要するに何が言いたいかと言うと、今のアイコネの活動はアプリを運営する際に作られた”貯金”なのではないかってことです。


そして、今度アルバムが発売されるタイミングで貯金が尽きるのではないかと思った。


つまり、今度アルバムが発売された時にアイコネは今度こそ死ぬんじゃないかと思ったわけだ。


でも「まだまだエピソードの書き貯めもあるから大丈夫なんじゃないの?」って声もあるだろう。僕としても別にそれならそれでいい。


しかしだ、ここで一旦逆になんでこれまでアプリ未収録エピソードをストリエで連載してたのかを考えてみる。


アプリ終了からアルバムが発売されるまで数ヶ月日にちが空くことを考えると、ここで何もアプローチしなかった場合、数ヶ月の間でアプリ版をやってた人からすっかり忘れられてしまったり、また公式からのコンテンツの供給が途絶えたために熱が冷めてしまう人が続出すると思われる。


そんな状態でアルバムを出しても1キルミーどころか1ステラ女学院高等科C3部(だいたい2分の1キルミーぐらいだったはず)も売れないだろう。


だからアルバム発売までの期間を「未公開エピソード」と言う貯金を使ってアプリ版のプレイヤー達の心をアルバム発売日まで繫ぎ止めた。


そして、恐らく今度発売されるアルバムで曲の方の貯金、すなわち未収録曲のストックはほとんど無くなるだろう。(なんか9人で歌ってる曲があるらしくてそれは収録されてないからもうちょいなんか他にあるかも)


つまり、今度のアルバムが発売されてもう他に売り出すアルバムが無くなった場合、これ以上我々の心を掴み続ける必要が無くなるのだ。


そうなればストリエでの連載も終わるかもしれないし、そうなればアイコネの活動は今度こそ完全に停止してしまう。




ここまで全て憶測で語ってるから外れる可能性もあるし、こちらとしてもこの予測は外れてくれた方が嬉しいのだが、もしこのような事態になれば…


それにアルバムが発売されてからも変わらずストリエで連載し続けたとしても、これらは全て貯金を切り崩して成り立っているだけの可能性もある。


要するに、アイコネから新しいコンテンツが現状生産されてない可能性があるのだ。


この場合、遅かれ早かれいつかアイコネは活動を停止する。


とりあえずここまでのことをまとめると、

・現状アルバム発売まで繋ぐためにストリエで未収録エピソードが連載されているが、アルバムが発売されたらそれが終わるんじゃないのか

・アルバム発売後もストリエの連載が続いたとしても、これらは全てアプリがサービス終了する前に既に作られたものである可能性があるので、遅かれ早かれアイコネはいつか活動を停止する可能性がある。


ってことだ。


ではこのような事態にならず、アイコネが新しいコンテンツを生み出すようになるためにはどうなればいいのか、考え付くのは2つの可能性だ。

ストリエ公式がなんらかのアプローチをする

今連載されているアイコネの未収録エピソードだが、全国のコネクターの熱い応援とストリエに移行しても相変わらず高クオリティな内容によって、初回の更新でいきなりストリエ内のランキングにランクイン(確か1位取ってた)し、その後も更新するごとに新しいエピソードがランキングにランクインしている。


ストリエから見れば、いきなり現れたにも関わらずランキング1位を掻っ攫いその後もコンスタントにランキング上位を取り続けるすごい新人になるはずだ。いやまあ企業がプロに発注して作ってるのは知ってると思うけど。


それにアイコネをやってた人は多分ほとんどストリエなんて知らなかったか、知っててもインストールまではしてなかった人が多数だと思う。あーでも僕は違うか…


とにかく、ストリエからして見ればアイコネは外部のお客さんと毎回ランキング上位を占める実力のある高クオリティなコンテンツの両方を持ち込んだ謎の慈善企業に見えるだろう。


それにこういった場で人気になればいずれ外部に商業展開される可能性もある。
具体的な前例としては、小説家になろうでランキング上位を取った作品が書籍化されたりとかBMFで上位を取った曲がチュウニやらボルテやらに収録されたりとか。


こんな感じでストリエ公式に注目されて何か動きがあればアイコネの活動はこれからも続くだろう。


しかし、ストリエが動かない可能性もあるし、ストリエが動いてもそもそもストリエ公式にそこまでプロデュース力がなくてうまいこと商業展開できない可能性もある。


となればもう1つの可能性としては

今度発売されるアルバムがめっちゃ売れる


そもそもアイコネがストリエで連載してるのは、既存のファンの心を掴み続け、ストリエで新しいファンを獲得し知名度を上げるためでもある。


そうなればアルバムの売上も上がるはず、というかそのために連載をやってるだろう。


それでアルバムが売れてまだアイコネは稼げるコンテンツであると判断されれば、アイコネはこれからも展開を続けるだろう。


しかし、売れなかったら…


現状我々コネクターがアイコネにできることは、今度発売されるアルバムを買うことと、連載されているストリエのやつを逃さず見ること、あとは周りに布教することぐらいだろうか。


願わくば、アイコネの歩みが永く続かんことを…