怪人ものさわやかブログ

ツイッターで書くには余りにも長過ぎたり趣味が入り過ぎてることを隔離する場所

2017冬アニメをざっくり見たので語る

冬クール、それは近年において、まるで空気が冷え切ってる冬を体現するかのように冷え切ったクールになっている印象があるクールである。


思えば2016年の冬はこのすばか一人勝ちし、
2015年の冬は艦これVSデレマスの戦いが繰り広げられるもあとはファフナー以外なんかパッとせず、
2014年の冬はのうりん桜trick生徒会役員共二期、さらにBPOの制裁を食らった妹ちょが同時に放送されたあまりにも邪気が濃いクールとなった(しかも次の春クールにはマンアシとダイミダラーへ邪気に満ちたバトンをつないだ)


しかし、本来なら草が1、2本しか生えない冬において、今年はけものの呼び声に引き寄せられたかのように実りが芽生え、大豊作なクールになった





まあ確かに結果論だけ見ればけもフレが全てを持って行ったんだけどさ、未確認を生み出した2014年やこのすばを生み出した2016年と違うのは同クールに放送されていた他のアニメも良作〜神作ぐらいのものがポンポンあるのがこのクールはエラい。


その様子を簡単に説明すると、昨年クールで王者だったこのすばに並ぶ作品が何作か出てきて、さらにその上をけもフレが突っ走って伝説になった。と言ったところ。


またこのクールは数々の良作による横方向の広さやけもフレが数々の伝説を切り開いたことによる上方向の広さだけでなく、同時に遊戯王アークファイブが下方向に突き抜けて行った下方向の懐の広さもあり、話題に事欠かない祭りのようなクールとなった。


けもフレがニコ生関連の様々な記録をいい方向で塗り替えていくのと同時にアークファイブがクソな方向でニコ生関連の記録を塗り替えていく様子は多分今後一生お目にかかれないと思う。


惜しいのは事前情報でこのクールがここまで豊作揃いになることが読めなかったので、今クールの魅力を半分くらいしか漁れてないこと。


普通に話が面白いらしいACCAやリトルウィッチアカデミア鬼平やら、アマガミの親戚の上級者向け変態アニメってウワサを聞いたセイレンやなぜかこのタイトルで一本釣りされなかったのかが不思議で仕方ない幼女戦記など、「なんかパッとしないし切っとくかー」と0話切りして後で後悔するタイプのアニメがかなり見れてない、ってか1番レビューを求められている層のアニメが見れてないのが痛いです。
まあ、不作でヒマなクールにでも消化します。


それでは、このお祭りの中俺が回った出店たちを紹介しようではないか。



けものフレンズ


今季の最大にして最強の存在で全てを持って行った伝説のアニメ。


もうコレについては余所で散々言われてるし僕も昔記事を書いたので↓

今更中身についてどうのこうのと言うのはやめておこうかと。


ただ、けもフレは中身が素晴らしいのもそうだったけど、リアタイで見てた時の実況や考察、勢いの伸びなんかもスゴかった。

どれぐらいスゴイかと言いますと、
9話の後みんなして「サーバルちゃんの脳内想像図かわいすぎる」って言ってたし、11話の後みんなして「ああああああ頼む頼むお願いします幸せであってくれええええええ!!!」みたいな状態になって神にお祈りしてたし最終話の後みんなしてたつき監督に感謝してた。


他にも風が吹けば桶屋が儲かるを字面のまんまの意味でやってたり(ケロリン桶コラボ)雑なお面を付録に付けただけでその月のコンプティークがバカ売れしたりと変な逸話には事欠かない。


実際今から見ようとすると確かに1話が鬼門となるのだが、今まで見てないなら1話ぐらいは見てみたほうがいいと思うし、感性が合うなら全部見たほうがいい。断言する。


そう言えば序盤中盤は見てて脳が溶けるとか言われてたけど、10話以降は展開がすご過ぎて脳が溶けてる場合じゃないと言うか普通に熱中してて、序盤中盤とは違った意味で1話がすんごい短く感じるんだよなあ。