怪人ものさわやかブログ

ツイッターで書くには余りにも長過ぎたり趣味が入り過ぎてることを隔離する場所

【アズールレーン】まーた不自然に流行り始めたソシャゲ、アズールレーンに突撃調査してみた








我ながら見事なまでのネットイナゴっぷり、あっぱれである!!!







どうも、お久しぶりです。


こないだFGOについての記事を書いたのにまーた流行っとるソシャゲについて話すだけの記事になりますが許して下さい。最近クソクソクソ運営言われてるFGOまだちゃんと続けてるから許してください。

tekkukun323.hatenablog.com



ついでに言うとどーせ来月には近々リリースされるドラクエのカードゲームとシャドバとハースストーンのことについての記事とか書くだろうけどそれも許してください。


それでは本題に入るとて、


2013年、DMMがいつものノリでゲーム性があるようであんまりないいつものブラウザゲーを出した。皆さんご存知、艦これである。


本来ならDMMがいつものノリで出したブラウザゲーらしくそこそこ小金を稼いで人知れず消えていくだけの存在となるはずが、史実の細かいネタを取り入れたキャラ設定、デザインや二次創作の活発化、そしてブラウザゲーならではのプレーの利便性により信じられないほど大ウケして今でもコミケで一大勢力を気づくほどのコンテンツとしてオタク界隈に君臨しているのはまあ皆さん知ってると思う。


しかし、今でも確かに艦これは勢いがあるコンテンツではあるが、正直全盛期に比べて少し勢いが落ち着いてきたところもある。


そして勢いが落ち着いてきたのでパクっても炎上しないと思われたからか最近、艦これの「昔の軍艦を擬人化する」と言うコンセプトをマネしたソシャゲが出始めるようになる。そしてその中で何故か流行ってしまった軍艦の擬人化の文化を受け継いだソシャゲがアズールレーンである。






というわけで今回はコイツについていろいろ話します。あと引き合いにめっちゃ艦これを出す予定です。よろしくお願いします。



ゲーム性?似たようなもんだよ…

まず、両者とも一応ゲームを名乗ってるのでゲーム性についてお話しします。


と言っても、艦これの方は艦隊と装備を整えたらあとは自動で戦闘をやってくれるお手軽仕様お祈り仕様です。確かとうらぶとかもこの方式だったはず。ドラクエに例えるとさくせん「めいれいさせろ」を禁止してやるようなものですね。


まあこの仕様のおかげで別窓で動画見ながらイベント攻略したりできるのでこの仕様もメリットはあるんだけど、戦闘の全部を運に任せることになるのでイベントとかやってると頭ハゲ散らかすことも多々あります。


しかし、アズールレーンはまずジャンルが艦これと違う。まあ確かに大体の部分は艦これと一緒なんだけどめいれいさせろ禁止RPGな艦これに対して、アズレンはSTGを名乗っている。


というのも、アズレンの戦闘画面はこんな感じで

左にいる自キャラを操作することによって効率よく敵を倒したり味方の被害を抑えたりすることができる。


だから艦これイベントボスマスで「頼む敵攻撃外せ味方当てろ!!!」みたいなお祈りをするハメにはならず、「よっしゃワイの操作でボスしばいたるで!!!」って感じで自分でキャラを操作して安定して敵に勝ったり相手とのレベル差戦力差を埋めることもできる。


でも確かに艦これと比べると運要素が無くなって良いように思えるけど、ゲームとして当たり前なことのような…


あとSTGとしての出来は残念ながらスマホゲークオリティです。多分ゼビウスの方が面白い。


それどころか今ではゲーム業界で有名になったカプコンが確かゲームを作り始めて2番目に出したソフトであるエグゼドエグゼスより面白くないまである(AC版は名作らしいけどね)。少なくともカプコンのシューティングならガンスモークには絶対勝てない。ガンスモークの難易度がありえないぐらい高いってところぐらいしか付け入るスキがない。


とまあこんな3〜40年前のファミコンソフトと比べてもこの有様なので、今流行ってるPUBGなんかを普段やってるような人が「これが君が求めていた海戦(ロマン)だ!」って宣伝文句に釣られたら絶対に怒ると思う。


というか、アズレンも一応STGもできるけど、とんでもない数の周回作業を要求されるしそれを全部手動でやってたら死ぬので結局操作もほとんどAI任せになります。


それでも肝心なところでプレイングでゲームに介入できるって点では艦これに比べて評価できる点だとは思う。でもゲームとしては艦これアーケードの方が楽しいですぶっちゃけ。


まあ要するに結論を言うと「どっちもキャラを愛でるゲームです」



芋の艦これ、媚びたアズレン

さて、どっちもキャラを愛でるゲームだと判明したけど、艦これとアズレンではキャラデザに特に大きな違いがある。


まず艦これのキャラを見ていただきたい。


f:id:tekkukun323:20171017001124j:plain


f:id:tekkukun323:20171017001142j:plain


しばふ艦である赤城はともかく。結構キラキラロリとしてのイメージがある島風もこうしてみると結構控えめな絵柄である気がする。


艦これのキャラデザは良くも悪くも素朴で割と親しみやすい絵柄で、料理に例えると和食なイメージがある。


オタクのクソみたいな比喩表現は置いといて、今度はアズレン側のキャラを見てみよう


f:id:tekkukun323:20171017005836j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214317j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214411j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214411j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214411j:plain


f:id:tekkukun323:20171017215346j:plain


f:id:tekkukun323:20171017215442j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214411j:plain


f:id:tekkukun323:20171017215556j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214411j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214411j:plain


f:id:tekkukun323:20171017214411j:plain







例に出すメンバーを全体チャットのSSR建造報告を参考にして選出したら案の定サンディエゴ祭りになったでござる。






他にも、つい先日ゲーム内で結婚した←ここオタク特有のどうでもいい自分語り
こんなロリキャラや、






すごいのになるとこんなのまでいたりする。



f:id:tekkukun323:20171017012702j:plain





ちなみに僕がこの園児服の子(睦月)を広告で見てこのゲームを始めたことは言うまでもないことである。

まだもってないけど。



んでまあ何が言いたいのかというと、キャラデザが全体的に媚びている。全力で狙いに行ってる。


なんというか「どうせお前らオタクはこういうのが好きなんだろ?」と言わんばかりのあからさまなデザインである。食べ物に例えると家系ラーメンみたいな。


日本の軍艦のキャラには全員ケモ耳生やしてるところとかもうどうみてもあざとい。


でも悲しいかな。ぼくこっちのがすき


うるせえ!わかってるよ!ごてごてのかわいさ全開に振り切ったデザインだって!でもしょうがないじゃん!


個人的な偏見で「昔艦これやってたけどいつの間にかやらなくなった」ってオタクはアズレンのゴテゴテな絵柄のほうが好きだと思うので、だからそういう層のオタクがごっそり流れて今の勢いになってるんだと思う。


でも確かにキャラデザでオタク受けしたアズレンだけど、キャラ一人ひとりの掘り下げではどうしても艦これには敵わないだろう。


艦これは他のソシャゲなら合成素材にされるか売られるかしかないようなキャラでも公式がしっかりキャラ付けして土台を作り、育てれば一線で戦えるようになるのもあっていろんな人が二次創作で艦これのキャラのイメージを広めたりキャラを動かして物語を作ったりしたこともあって、艦これのキャラは一人ひとりがすごく濃い。


それに対してまだまだ生まれたばかりのアズレンのキャラは二次創作によるキャラ付けがまだまだ浅いのと、公式のキャラ付けもなんだかヤンデレとかツンデレとかドSとか属性が先に来てる感じがする。


だからアズレン側にはこれからキャラの掘り下げとキャラ付け、まとめて自分探しの旅を頑張ってもらいたい。


エラソーに何言ってんだかこのイナゴは。


3-4から逃げるな サンディエゴをすこれ


 
さて、ゲーム性とキャラ以外にもう一つ話したいことがある。


ゲームのガチャと拘束時間である。


まず艦これはガチャみたいな課金要素は薄く。無課金でもほぼ問題なくプレーでき最悪ドッグ拡張ぐらいしか課金する部分はないはず。


しかし、プレー時間は結構懸かり、特にイベントの時はイベント攻略してるだけで休日が終わることなどザラである。


んで実はこの辺はアズレンも同じで、アズレンはステージの攻略難度は艦これに比べて低いものの、ステージでドロップするキャラを集める「堀り」にかかる試行回数が大変なことになる。


なんでいくら戦闘をオートでやってくれるとはいえ、やっぱりこっちも休日がつぶれてしまう。


まあ、時間かけて資材を集めてる艦これと違って途中で油が尽きるからある程度プレー時間にストッパーはできる。そのストッパーを課金して燃料買って外しに行く剛の者はもう知らん。


有名な3-4もここで赤城と加賀が0.いくらか%で泥するからみんな周回してるのが元ネタ。艦これだと地味なステージなのに…3-2-1のほうが有名なのに…


ちなみにアズレンの課金要素も燃料に課金して周回とかやらなければほとんどお金はかかりません。システム上一日3回ぐらいはガチャ回せるし、最高レアが出る確率も某fg〇とかと違って7%と結構高いので無課金でも結構キャラはそろいます。多分キャラが少なかったころのパズドラ並みに緩い。ただしやたらとサンディエゴが出てくるらしいけど。

まとめ


アズレンの総評としては「やっててハゲなくなった艦これ」といったところ。


んで肝心のこのアプリが流行った理由なんだけど、ぶっちゃけ実際にやってみてもよくわかりません。


まあ確かに艦これに比べていろいろ改善された点はあるんだけど、それはあくまで艦これと比べた場合で他のソシャゲと比べると別に負けてるわけではないんだけどなにか突出していい点があるわけでもないと思う。


だから予想してみると、艦これでハゲ散らかしたおじさんが手を出してみたらハマってしまってそれでその界隈で流行ってあとはじわじわオタク界隈に流行り始めた…みたいな感じかなあ。


というかせっかく記事書いといて何だけどこれあんまり人に無条件でオススメできるもんでもないです。ソシャゲ嫌いな人になら1943のほうがよっぽどオススメできます。あっちにも赤城やら大和やらが出てくるし。


それにキャラとかは評価できるけどぶっちゃけジャンルは違うけどたった4か月で死んだアイコネのほうがよっぽどよく出来てる。


tekkukun323.hatenablog.com


まあアズレンも4か月で死ぬのならこの点は笑って泣いて許すけどな!

というわけでアズレンへの最終評価は「普通に良ゲーなソシャゲ」止まりといったところです。でもここまでボコボコに言っておいてあれだけど、ソシャゲとしてはゲーム内容も課金要素も良心的で良いほうなので何かソシャゲをやるんなら普通におすすめです。

あと、艦これから逃げるな


実際艦これをやりながらやるにはちょうど良かったりするので、提督の皆さんはアズレンを始めてみた際には周回するついでに艦これをやるのもお忘れなく。